テレワークに関する助成金紹介

Leprosy - Printed Diagnosis with Blurred Text. On Background of Medicaments Composition - Red Pills, Injections and Syringe.-1こんにちは、トドケールです。
 
今、日本国内ではコロナの影響で、会社に出社せずに働く人が増えてきていますね。
これを機会にあなたの会社でもテレワーク制度を導入するのはいかがでしょう。
導入にあたっては国が支援目的で下記のような助成金を設けていますので、ご存知ない方はご確認ください。
 
 
1.助成金詳細
 「時間外労働等改善助成金」(※令和2年4月1日以降は「働き方改革推進支援助成金」に名称変更予定)に新型コロナウイルス感染症対策を目的とした取組を行う事業主を支援する特例コースを時限的に設けます。
 

 

(1)対象事業主
新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規(※)で導入する中小企業事業主
※試行的に導入している事業主も対象となります
 
<対象となる中小企業事業主>
労働者災害補償保険の適用中小企業事業主であること
 
(2)助成対象の取組
 ・テレワーク用通信機器(※)の導入・運用
 ・就業規則・労使協定等の作成・変更
 ・労務管理担当者に対する研修
 ・労働者に対する研修、周知・啓発
 ・外部専門家(社会保険労務士など)によるコンサルティング 等

 

 ※ パソコン、タブレット、スマートフォンの購入費用は対象となりません
(3)主な要件
 事業実施期間中に
 ・助成対象の取組を行うこと
 ・テレワークを実施した労働者が1人以上いること
 
(4)助成の対象となる事業の実施期間
 令和2年2月17日~5月31日
 
(5)支給額
 補助率:1/2(1企業当たりの上限額:100万円
 
なお、詳細は下記URLよりご確認ください。
2.シェアオフィスの方にもご利用いただけます。
上記助成金の対象ですが、従業員を1名でも雇用している企業が対象となるので、シェアオフィスで事業を営んでいる方も雇用者が1名でもいればその雇用形態にかかわらず助成金の対象となります。
 
3.さらなる助成金制度
コロナの影響が日々拡大しているなかで助成金制度も次々発表されています。
下記のサイトを活用してご自身の会社にあった制度を探してみてくださいね。
 
こちらは女性を中心とした助成金制度になります。
4.申請や賢い活用について
上記各種の助成金制度はご自身で調べて申請することもできますし、当該助成金に詳しい社労士等に依頼することもスムーズな導入ができる点で有効だと思います。
 
コロナによる健康へのマイナス影響はありますが、これを機に会社としての制度を整える機会と捉えて、国の補助制度を賢く活用してはいかがでしょうか。